期間工の待遇とお金

期間工

 どうもたくじろです!

 今回は期間工の待遇をテーマにお話したいと思います。

 期間工の待遇はどうなっているのだったり

 期間工の給料貯金はどのくらいできるかについてもお話します!

期間工の待遇

期間工の健康保険について

 期間工の求人広告を確認してみよう

 健康保険などの待遇面は求人広告に記載されていることが多いですが、記載がない場合は応募時に確認するのがオススメです。

 期間工もほぼ例外なく社会保険の加入が義務付けられてます。

 雇用保険(失業保険)や労災保険と同様、健康保険についても加入することになります。

 また期間工はほとんどのケースで働いている会社の保険に加入することになっており、健康保険と同時に厚生年金に加入することもあります。

 一方、求人サイトから紹介された場合は、

 紹介してくれた会社の保険に加入する場合もあるため、この点についても応募時に確認するようにしてください。

 自動車メーカーは大企業のため健康保険組合を調べると人間ドッグや大腸がん検診、歯科検診などが無料や大部分を費用負担してもらえるので安心ですよ。

 健康保険のお得な使い方 

 実際にたくじろは歯科検診を無料で受けました。(無料大好きw)

 歯石取りやフッ素塗りが無料ってすごくないですか?

 大企業まじでありがとうと感じる数少ない機会ですね!ww

有給について

 期間工に限らず社会人であれば有給は勤務開始から6カ月後に発生し、取得可能になります。

 ただし有給に関する考え方は会社によって違うため、表向きでは取得可能となっていても、特に繁忙期などは取得しづらい雰囲気が漂う場合もあります。

 消化しなかった分の有休は会社が買い取ってくれる場合もあるため、契約時に制度を確認しておくのがオススメです。

 ただ有給を使い切らなければいけないという雰囲気がすごいので

 すべて希望通りとはいかないですが上司に「有給取りたいです」と言えば

 「いいよー!いつがいい?」の即答なので心配はいりませんよ!笑

 ちなみにたくじろは全部消化しました。

 消化しないと「早く有給使え」の圧力がすごいので消化せざるを得ないです(笑)

期間工の生活費はどのくらいかかる?

 ほぼすべての期間従業員は寮に入ることになります。

 寮費については無料の会社もあれば、月4,500円~1万円(光熱費込み)程度のところもあります。

 実際にいくらくらい寮費がかかるかは応募する際に確認しましょう。

 光熱費については上記のとおり寮費に含まれる場合もありますが、ほとんどの場合は寮でまかなうことができるため、負担はほぼありません。

 また会社によっては月1万円程度の食事手当が支給されることもあり、目安としては月2~3万円で生活することも可能ですよ。

実際にたくじろの一ヶ月の生活費

 実際に期間工をしていたケースを見ると

 手取りで26万円が入ってきて

 主な出費としては

 ・食費に約1万円(土日は食堂が休みで外食やコンビニですませます)

 ・スマホ代3千円(楽天モバイル)

 ・ワイファイ代4千円

 ・おやつ代3千円となります。

 一ヶ月の生活費の合計2万円になります

 たくじろはこれといった趣味がないため毎月2万円前後で過ごしています!笑

 期間工の生活費はほぼかかりませんよ(笑)

 期間工はどのくらい貯金できるの?

 期間工は日常生活にかかるお金がほとんどありません!

 そのためたくじろの場合は半年で150万円

 1年で300万円貯金できました!

 期間工という働き方は貯金に特化しています!

 将来のために貯金したい方や借金があって返済したい方には本当にオススメですよ。

 こんなに貯金ができる働き方はほぼありません(例外として専門性のある資格取得者や一部のエリートサラリーマンなど)

 学歴不問で資格も必要なく年収450万円以上で1年で300万円貯金できる期間工って最高じゃないですか?

 今回は期間工の待遇とお金についてお話しました。

 それではまたたくじろでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました